未来につなごう ふるさとの郷 高倉

池尻池をロマンの池に

池尻池をロマンの池にするために

いやしの場をつくる

  • いやしの場所にする
  • 遊具類を増やさない
  • 池のまわりにポスター禁止

魚が棲める水質に

  • 水質の改善
  • 水を浄化する水草を植える
  • 魚が繁殖(産卵)できる場を設ける

野鳥の森にする

  • 島と樹林の保存
  • 池の北側に植樹
  • 植栽の伐採禁止
  • 野鳥の森にする

事業計画

市民が中心となって取り組むもの
(概ね5年以内)

  • 池尻池周辺にいやしの場(憩える場)をつくる。
  • 池尻池の清掃活動を行う。
  • 伐採と植林を検討する。

市が中心となって取り組むもの
(概ね10年以内)

  • 魚が棲める水質に改善する。
  • 池尻池を改修し、湧水を復元する。
  • 工場排水を池尻池に入れないように検討する。

市民と市が協働して取り組むもの

  • 野鳥のすみやすい森に整備する。
  • 散策路の立て看板の設置をする。

※ 平成17年策定

2016年の状況

市民が中心となって取り組んだもの
  • 遊具・東屋の老朽化が見られる。
  • 地道な清掃活動が続けられているが、池への不法投棄が見られる。
  • ヤマザクラ等の植林は行われているが、"抜き去り"や"枯れ"がある。
  • 園内や周辺の樹木の高木化が進み、暗い雰囲気になっている。
市が中心となって取り組んだもの
  • 2014年のホテイアオイ・オオカナダモ(移入者不明)の大繁茂による影響で水質は悪化している。
  • 飯盛川上流の食品工場から稀に汚濁水が流入しており、監視の強化が必要。
  • 流入土砂による水深の低下が著しい。
  • 2012年に植栽した蓮が繁茂しすぎており、あと数年で開放水面が無くなる状況。
  • 湧水の量等については不明。
  • 2011年にはカワムツ稚魚の大量発生が見られたが、以降は魚種・量ともに減少し、大型の鯉のみが優先種となっている。
市民と市が協働して取り組んだもの
  • カラスの個体数が多く、野鳥に対しての圧力となっている。
  • 地道な清掃活動が続けられているが、池への不法投棄が見られる。
  • 中低木が少なく、小型の野鳥にとっては必ずしも棲みやすい環境とはいえない。
  • 散策路の案内看板等は未設置。

2017年以降の事業展開

  • 現在、進捗していない事業を進める。
  • 蓮の抑制と、浅水化した池の浚渫を行う。
    (この浚渫については、冬期に池干しをした上で、人力及び小型重機での排土を行い、
    併せて、この堆積土壌を堆肥化し畑に還元する)
padetop